« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

卒業生から

 久々にブログを更新します。1ヶ月以上ほったらかしにしてすみませんでした(汗)。
 昨年の大会で3年生が引退し、13人だった部員が12人になった・・・はずなのに、なぜか部員は13人居る原動機研究部です(詳細は後日)。
 さて、去年引退した3年生ですが、いよいよ3月1日に卒業となってしまいます。登校する日数はあと5日というところでしょうか。
 このブログを管理しているのは吉村(現部長)ですが、去年の部長は、このブログにはほとんど関わっていませんでした。そこで、元部長にも最後に何か書いてもらおうと思い、「もう書ブログに書くネタが無いので、ぜひ、卒業前に1回、文章を載せさせてください。」とお願いしたところ、(ちょっと面倒臭そうだったけど)快く引き受けてくれました。卒業直前の忙しい中、本当にありがとうございましたm(__)m それでは元部長の言葉です。

 「どうも、はじめまして。僕が昨年度の原動機研究部部長です。今回は初めてブログを書かせてもらうことになりました。僕は3ヶ月ほど前に行われた県大会で引退しましたが、ブログを書いてくれている後輩から、”最後の記念に”ということで、記事を書かせてもらうことになりました。といっても、初めてのことで何を書いたらいいのか分かりません。なので、過去の原動機研究部の話をちょっとだけ紹介したいと思います。僕が入部した初年度は、顧問の先生が今と違う先生でした。なので、部活動の方針も今と違ってだいぶのんびりしていました。しかし、次の年に新しい顧問の先生になってから状況が一変します。新しい顧問の先生は次々に指示を出すのでかなり本格的です。先生が質問をして、それを生徒に考えさせます。あえて答えを言わず、生徒に考える力をつけさるという独自の教え方のおかげで、いろいろ勉強になりました。そして3年目は部長という立場になりました。3年目がもっとも内容の濃い年となりました。僕自身、色々な経験をして色々なことを学びました。原動機研究部での3年間をまとめると非常に貴重な経験ができたと思います。この3年間で得たものは今後、絶対に役に立つと思います。なので、今の1・2年生や4月に入る新入部員も、せっかく原動機研究部という素晴らしい部活に入ったのだから、いろいろなことを経験して学んで欲しいと思います。では、最初で最後の(元)部長のブログを終わりにさせていただきたいと思います。」

 先代(笑)の部長、ありがとうございました。

| | コメント (85) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »