« 全国大会まで1週間! | トップページ | 全国大会レポート2 »

2007年10月19日 (金)

全国大会レポート1

 大会終了から2週間が経過しました。今までブログ更新しなくてすみません・・・。大会から帰ってきた翌日、ブログを更新していて、長文を書いて「保存」ボタンを押した瞬間、コンピュータがフリーズしてしまい、そのままやる気を失ってテスト週間に突入してしまったわけです。

 2年生は、大会から帰ってきた2日後から中間テスト。テストが終わって次の週からは修学旅行と大忙しです。そろそろ2年生たちも修学旅行から帰ってきた頃です。修工の修学旅行は韓国です。美味しいものもたくさんありますが、2年生が危険なお土産(特に食べ物)を買ってこないか不安です(笑)。去年、僕の同級生は「部活のみんなに」と言って、トウガラシ味のチョコレート(!)を買っていました(^^;

 さて、大会ですが、またPCがフリーズすると面倒なので、何回かに分けて報告します。
 今年は、僕(部長)にとって高校最後の年です。つまり、全国大会も、これでおしまい、来月の県大会で引退になります。原研に所属して3年目、やっと全国大会へ出場できた訳ですが、今年は2・3年生は全員参加できました。そして1年生も1人だけ連れて行く余裕もあり、去年とは違い、車も大会1週間前には走行できる状態で、時間にも余裕を持って完成したため、部長的にはこれだけでも大満足だった訳です!! 先生2人も含め、総勢17人で栃木へ向かいました。朝、同じ学校のみんなが修善寺へ向かう中、僕らだけ逆方面へ向かう電車に乗るため、「どうして逆のホームに居るの?」という顔をされます(笑)。いったん、全員が三島駅に集合しました。そして引率の先生の一人が競技車両を積んだトラックを運転し(このトラックに、部員2人が同乗)、もう一人の先生が自家用車のワンボックスに7人を乗せ、残りの8人が駅からそのまま電車で栃木へ向かいました。

 電車チームも、途中に面白いことがたくさんあって楽しい旅だったようです。僕は、ワンボックスに乗りました。途中、サービスエリアにはスターバックスがあったり、美味しいと有名でテレビに出た肉まんを売っている店があったりと、学校でそんなことを暴露したら、クラスメートたちに「学校を休んでまで大会へ行ったのに遊んでばかりじゃないか!!」と言われてしまいそうですが(^^; 7時間の長旅でした。

 宿泊先のペンションは、ちょっとボロい(笑)。部屋がホコリっぽかったので、体調を崩した吉村部長でしたが、もちろん薬を用意していたので平気でした。次の日、朝4時に起床し、ツインリンクもてぎへ向かいました。

 朝7時くらいから受付開始、車検と、早朝からセッションが始まり、タイムリミットは30分程なので、地元から参加するチームでも、宿泊しないと厳しい日程です。
 車の仕上がりはかなり満足できる内容でしたが、さらに後輩にブレーキの調整を注文したら、完璧に調整してくれました。僕らの車のブレーキは、機械式ディスクブレーキを使用しています。これは、ディスクとパッドの間隔を、手動(調整ねじ)で調整しなければなりませんが、この間隔を極限まで狭め、鋭い利き味のブレーキにしてくれました。その制動力は完璧で、ブレーキを握ると車輪は絶対に動きません。反対に言うと、ドライバーである僕が、ロックさせないように制御する必要があるので、ブレーキ使用時は少し神経質にならなければなりません(^^;

 もちろん、車検も余裕で合格しました。エコランという競技では、なるべくブレーキを使わないように走行するので、基本的にブレーキは非常時とゴール時のみ使用します。しかし、どうでもいいコトに執着したり、性能に妥協を許さないのは原研部員らしい(?)と思います(笑)。それでは、続きは後日。お楽しみに!

|

« 全国大会まで1週間! | トップページ | 全国大会レポート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89117/8509153

この記事へのトラックバック一覧です: 全国大会レポート1:

» チョコレートやココアにも坑酸化物質が含まれている []
チョコレートやココアには「ポルフェノール」という坑酸化物質が含まれており、活性酸素の害を除去する坑酸化作用があります。つまり、チョコレートやココア動脈硬化を予防し、ひいては心臓病や脳卒中などの生活習慣病の予防に効果があるのです。さらに、がんや糖尿病の合併症、また胃潰瘍などの予防にもなります。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 21時48分

« 全国大会まで1週間! | トップページ | 全国大会レポート2 »